新米塾講師の日々の物語
Am 13. 10月 2011 schrieb admin:
大学時代、塾講師の登録制バイトで働いたことがありました。塾講師・家庭教師に特化した登録制バイト会社のあっせんで、大阪近郊の某市の繁華街にある駅前予備校の講師になったのです。その町は子供が多く、駅前(私鉄)だけでも5つほど塾や予備校が競合しているようなところで、個人塾も含めればかなりたくさんあったと思われます。同地は現在も子供の数が増え続けているので、今も学習塾の競争が激しいのではないかと思います。
登録制バイトでは、年齢や住所などの個人情報だけでなく、出身大学(場合によっては出身高校も)と専攻・得意教科も書くことになっています。もちろん英語か数学が得意であれば仕事に困ることはないでしょうね。私は英語・国語・歴史(日本史・世界史)・生物で登録しましたが、仕事が来たのは概ね英語の講師としてでした。

Am 23. 3月 2011 schrieb admin:
塾講師をしています。学生時代に家庭教師のアルバイトをしたことはあったのですが、塾講師の仕事とは全く違うものですね。毎日が戸惑いや反省の日々ですが、一日も早く優秀な塾講師になれるように頑張っています。
塾講師にもいろいろあって、所属先は小さな進学塾から大手予備校まで様々です。私はそこそこの大きさの進学塾に勤めているのですが、塾・予備校によっても働きがいや環境が大きく違うみたいですね。
私が塾講師になろうと思ったのは、アルバイトで家庭教師をしていたことが大きく影響しています。生徒に勉強を教えるということの難しさ、そしてやりがい。そんな経験を通して、この道を選ぶに至ったわけです。タレントさんのような有名講師とはいかなくとも、この道ではちょっとくらいは名の通るような講師を目指しています。